「バベル」と日本語の手話と英語の字幕

4月 30, 2007

今間、「バベル」という映画を観ました。映画実態も、よかったけど(One-Sentence Movie Reviewはこちら)、一つ不思議に思った現象もありました。それは、日本語の手話と英語の字幕のことです。

「バベル」の中には、日本人の女子高生のろう者のキャラクターがいます。

その子は、友達などと話す台詞はすべて手話で話します。友達の中には、手話をしながら声で話す子もいるが、不思議なことは、その言葉が日本語として僕の頭に入りませんでした。字幕を読んで、英語だけで理解しました。それがどうして不思議に思ったのは、普段、日本の映画などを観るとき、日本語で観ます。ようするに、英語の字幕も読むが、9割以上の理解は、日本語として頭に入ります。

しかし、「バベル」を観たとき、日本語の手話だったが、英語として理解しました。耳の聞こえる人と聞こえない人の会話を観ても、頭の中では、まるで英語の手話と日本語の話し言葉の会話になってしまいました。日本語の手話なのに、どうして日本語として頭の中に入らないでしょうか、と不思議に思いました。


日本語でブログ

4月 30, 2007

WordPressのブログを日本語のブログにしてみましょうと思っています。(僕の英語のブログはそのままBlogspotにあります。)週に一、二度程度書くつもりです。片言の日本語で読みづらいかもしれませんが、よろしく!