ワンワン・バウワウ

英語は、犬の発声に関する単語に豊かだ。日本語では、大体犬が「鳴く」または「吠える」と言うが、英語では、一般的な単語だけには、「bark」、「bay」、「howl」、「yelp」、「squeal」、「whine」、「growl」、「snarl」などがある。これらは、同義語ではなく、それぞれの意味がかなり違う。

もちろん、日本語では、同じ概念を表現することができる。たとえば、「yelp」なら「キャンキャン鳴く」と言えるし、「growl」だったら「うなる」と言える。しかし、これは特に「犬らしい」言葉だとは言えない。ただ普通の言葉を犬の発声に適用したような感じがする。英語の場合は、明らかに「犬からきた」言葉のような感じがする。

また、英語は犬の発声の擬声語にも豊かだ。多くの日本人は、「ワンワン」で十分だと思うかもしれないが、英語ではまだまだたくさんの単語がある。日本でよく知られている「bow wow」もあるが、その他に「woof」、「arf」、「ruff」、「yip」、「yap」、「grr」などのような言葉もある。

このようなことから、英語人は昔からどれだけ犬となじんだ生活をしていることが実感できるような気がします。 その生活で、犬の多様な行動や発声を観て、それにあった単語をたくさん作ったではないかと思う。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。